日本経済新聞 関連サイト

経営層のための「稼ぐ力」を高める不動産戦略

JLL 執行役員 コーポレート営業本部長 佐藤 俊朗氏

 多くの企業にとって、オフィスや店舗といった不動産は人件費に次ぐ2番目に大きな固定費である。不動産戦略といえば、従来はいかに賃料を抑えるか、資産を圧縮するかという短期的なコスト低減策が中心だった。しかし、ここ数年、人への投資の考え方が変わるのに合わせて、不動産という第2の経営資源に対する価値の捉え方にも変化がみられる。「稼ぐ力」を高める不動産戦略のあり方について、米系不動産サービス会社、ジョーンズ ラング ラサール(JLL)執行役員の佐藤俊朗氏が解説する。

PICKUP[PR]