日本経済新聞 関連サイト

TPPが日本農業を強くする

キヤノングローバル戦略研究所 研究主幹 山下一仁 氏

2015年、TPP(環太平洋パートナーシップ協定:Trans-Pacific Partnership)交渉が妥結した。明治の時代から、日本農業は関税で保護しなければならない弱者だという観念が農業界では根強い。したがって、TPPで関税が撤廃されると日本農業は壊滅すると農業界は叫んできた。しかし、はたしてそうなのか? 自由貿易こそ日本農業が生き残るためには必要だ。TPPにまつわる誤解、曲解を正し、世界で競争できる農業のビジョンを示す。

PICKUP[PR]