日本経済新聞 関連サイト

会社が生まれ変わる「全体最適」マネジメント

センターボード 代表取締役 石原正博 氏

 多くの日本企業で、改革・改善の努力が「部分最適」に陥っている。だから、どんなに真面目に努力しても、会社全体としては期待する成果を上げられないでいる。部分最適な仕事にはムダが多く、努力の方向もマチマチだからだ。

 本連載では、「全体最適」のマネジメントという、これまであまり聞くことのなかったテーマを取り上げる。「総力を結集して業界トップを目指す」といった経営トップによるメッセージが「全体最適のマネジメント」に近いイメージとなる。ただし、「総力を結集させる」と言葉にするのは簡単だが、社内に「部分最適」が常態化する中で実行に移すのは非常に難しい。その原因と対処法を解説する。

PICKUP[PR]