日本経済新聞 関連サイト

オサムイズム "小さな巨人"スズキの経営

ナカニシ自動車産業リサーチ 中西孝樹 氏

 国内軽自動車のトップに君臨し、インド市場の覇者となり、さらに、自身の何倍もの規模を誇る世界の巨大企業フォルクスワーゲン(VW)との係争でも対等に渡り合った、無類の自動車会社、スズキ。本連載はその歴史を追い、現会長の鈴木修氏の経営手腕を分析し、スズキが抱える課題と未来への提言を目指したものである。

 名経営者の誉れ高い、ヒーローとしての鈴木修氏を描くことは本連載の目的ではない。氏の経営哲学である「オサムイズム」をアナリスト目線で分析し、その光と影の両面を浮かび上がらせることが狙いである。オサムイズムの要諦が多くの経営者の指針となり、ひいては日本産業の再興の一助になればと願う。

PICKUP[PR]