日本経済新聞 関連サイト

M&A時代のマネジメント戦略

クレイア・コンサルティング

 日本でもM&A(合併・買収)が企業の主要な経営手法の一つとなってきた。だが、その成功率は必ずしも高いとは言えない。主要な理由として挙げられるのが、組織マネジメント、中でも人事制度の設計、運営の難しさだ。そもそもM&Aは従業員にとって大きな不安要因となるもので、不公平感や被害者感情などが生まれやすい。従業員のモチベーションを維持しつつ、本来の目的である事業のシナジー効果やコスト低減をどう達成するか。人事・組織マネジメントの設計や助言で定評のあるクレイア・コンサルティングの専門家が解説する。

PICKUP[PR]