日本経済新聞 関連サイト

中東の実相に迫る

日本エネルギー経済研究所 中東研究センター
吉岡明子氏、堀拔功二氏、立山良司氏、永田安彦氏、坂梨祥氏

 中東の動揺が収まらない。残虐なテロを繰り返す過激派「イスラーム国」(IS)の勢力は一時より衰えたとはいえ、戦闘はなお続く。イランの核開発問題やイスラエルとパレスチナの争いも出口が見えない。経済面では、米国を中心としたシェール革命を受け、原油価格が乱高下し、産油国の経済を揺さぶる。一方で、人口が増え、経済成長が期待されるこの地域は日本企業にとって有望な市場でもある。混沌とした中東の現状をどうとらえ、付き合っていけばよいか。日本エネルギー経済研究所 中東研究センターの研究員が5回にわたり解説する。  

PICKUP[PR]