日本経済新聞 関連サイト

「攻めのガバナンス」実現への道

佃 秀昭氏

 経営の何を変え何を残すか――2015年の日本版コーポレートガバナンス・コード(企業統治指針)導入を機に、日本企業のガバナンスのみならず、日本的経営のあり方そのものが問い直されている。
 中長期的な企業価値向上に向け、取締役会の機能をどう高めていくか、機関投資家との実りある対話(エンゲージメント)にどう取り組んでいくか、求められる後継者計画のあり方とは、また、社外取締役が果たすべき責務とはどのようなものか。
 本連載では、企業統治・経営人材コンサルティング会社のトップを務める筆者が、日本を代表する企業経営者へのアドバイザリーを通して培った知見・経験をもとに、日本企業の経営とガバナンスのあるべき姿について提言する。

PICKUP[PR]