日本経済新聞 関連サイト

女性が活躍する会社

大久保幸夫、石原直子氏

 先進国で日本ほど女性リーダーが少ない国はない。とびぬけた「後進国」になってしまったと言ってもいいだろう。政府が「女性活躍推進を」と表明したときに、「時期尚早だ」と言った経済団体もあるが、尚早どころではない。一気に巻き返しを図らなければ、日本は完全に置いてきぼりになるだろう。  ただ、一度コンセンサスが得られてしまえば、力強く前に進むのが日本という国の特徴。その境界である「女性リーダーを登用して、そのリーダーたちが良い成果を上げていると組織全体が認める段階に至ること」を一気に超えられるか。それが勝負である。女性はもちろん、多様な人々が活躍する職場を増やすことが、こらから人口減少を本格的に経験してゆく日本が唯一生き残る道である。

PICKUP[PR]