日本経済新聞 関連サイト

肖敏捷の忠言逆耳

SMBC日興証券 中国担当シニアエコノミスト

肖敏捷 氏

 2009年まで30年余りにわたって年平均10%の高成長を続け、急速に存在感を高めてきた中国経済が、転換期を迎えている。中国経済はこれからどこへ向かうのか。日本は中国にどう向き合っていけばいいのか。このコラムでは、日中両国の事情に精通した人気中国人エコノミストである肖敏捷(しょう びんしょう)氏が、中国の政治経済動向や日中関係、中国ビジネスにおける留意点などについて、錯綜(さくそう)する情報や短絡的な風潮に振り回されることなく、本質を見極めるための視点を提供する。

「忠言逆耳(ちゅうげんぎゃくじ)」の訓読みは「忠言耳に逆らう」で、「忠言や忠告は素直に聞きづらいものだが、ためになることがあるので、あえて聞く耳を持つことが大切だ」という意。「日本に対しても、中国に対しても、本音で語り続ければ、きっと耳を傾けてもらえるはず」という筆者の願いが込められている。

PICKUP[PR]