日本経済新聞 関連サイト

藤元健太郎の「CMO戦略企画室」

D4DR 代表取締役社長

藤元健太郎 氏

 製造の品質はグローバルにフラット化し、差が小さくなった。それゆえ商品開発は、技術やスペックよりも、細かい市場ニーズをくみ上げ、タイミングよく投入することの方が重要になり、さらにはブランド力やサービス性を高める方が価値としても高くなった。

 まさにマーケティング力が経営の中核的課題となってきた。この最新動向を、日経MJのコラム「奔流eビジネス」で連載中の藤元健太郎氏(D4DR代表取締役社長)の解説により明らかにしていく。

PICKUP[PR]