日本経済新聞 関連サイト

創造を支えるビッグデータ活用の針路

活用対象となる情報の量と種類が増えることで、今まで見えてこなかった事象が高い解像度で見えてくる可能性がある。きめ細かい現状の把握から、従来より明確な先読みまで、あるいは潜在ニーズの掘り起こしから、マーケット開拓に向けた製品/サービスの拡充まで、最新動向からビッグデータ活用がビジネスにもたらす価値のヒントを探る。

PICKUP[PR]