日本経済新聞 関連サイト

最後のフロンティア市場アフリカへのエントリー戦略

野村総合研究所 コンサルティング事業本部 公共経営コンサルティング部
小池純司氏、平本督太郎氏、坂口剛氏、今井絢氏

 今年6月に横浜で「TICAD V(第5回アフリカ開発会議)」が開催されたことをきっかけに、日本企業の間でアフリカへの注目度がにわかに高まっている。実際、資源価格の高騰を背景に、アフリカは2000年代に年平均5%の経済成長を遂げるなど、急速に市場が立ち上がりつつある。

 本連載では、成長著しいアフリカ市場において、投資環境調査や企業進出支援にあたっている野村総合研究所のコンサルタントが、新興国市場におけるアフリカの位置づけや魅力、投資環境の実態、進出したグローバル企業や日本企業の成功事例と課題、今後のビジネス展開のポイントを紹介する。   

「音楽」「美容」への支出は最優先!? アフリカの市場特性を理解し、日本企業の強みを生かそう

これまでアフリカ市場への進出を考えるにあたって基本となる、4つのパターンの戦略を紹介してきた。今回は、こうした戦略を実行する際に留意すべき「アフリカ地域ならではの市場特性」と、日本企業がアフリカ地域で他国企業に対し競争を優位に進めるために発揮すべき「強み」について考察し...

PICKUP[PR]