【メッセージ】山本 幸三 氏 自助の精神で地方創生を実現

2017年6月26日

地方創生担当大臣
山本 幸三 氏

 2016年度から本格的な事業展開の段階に入った地方創生だが、今後は成果が問われることになると考えている。

 昨年8月に地方創生担当大臣に就任以来、これまで91市町村、212施設を訪問した。現場を見て感じたのは、地方創生に必要なのは自助の精神だということ。各地方自治体は強みと弱みを自己分析し、確かな根拠に基づく政策立案によって独自性のある取り組みを進めてほしい。

 地方創生の実現には官民連携や地域連携は極めて重要な考え方だ。本フォーラムをきっかけ に、官民連携・地域連携に向けた機運が高まることを期待している。

このサイトについて

日本経済新聞社について