「BMW i」のスマートドライブ 支援するサービス拡充 

2016年11月15日

 「大都市における持続可能なモビリティー」を提供するBMWのサブ・ブランド「BMW i」。EVの新型「i3」は1充電で390㌔㍍と、充実の走行距離を実現する。


 BMW車には乗員の安全と車両の状態を見守る車載通信サービス「BMWコネクテッド・ドライブ」が標準で備わる。「i3」には目的地へより早く、安全に、効率的に到着できるBMW i専用ナビゲーションを搭載。最寄りの充電ステーションを表示し、同地を代替目的地として提案することも可能だ。

 10月からは「i3」をはじめ、プラグインハイブリッド車向けに、国内約2万基の充電器の利用(初 年度無料)が可能な公共充電サービス「ChargeNow」も開始し、初年度登録車に標準付帯される。


スペシャルサポーターとしてフォーラムに協賛

 イノベーションで持続可能な社会づくりを支援するBMW。スペシャルサポーターとして本フォーラムに協賛している。

このサイトについて

日本経済新聞社について