【企業講演】藤野 研一 氏 電力・ガス自由化における取り組みとスマート社会への対応について

2016年11月15日

関西電力 理事
お客さま本部 副本部長
藤野 研一 氏

 さらなる成長を実現していくために、「関西電力グループビジョン」を定め、その実現に向けた「足元3カ年の実行計画」について『再生と新たな成長可能性の追求』をテーマに中期経営計画を策定。徹底した経営効率化による価格競争力の強化、グループ内外とのアライアンスによる付加価値サービスを提供・拡充、電気・ガスにグループサービスを組み合わせた総合営業の展開、関西エリア外への本格参入によって、大きな柱である総合エネルギー事業戦略の強化を図る。

 電気事業は、関西と首都圏で新たなメニューを提供し、グループ会社や他社とのアライアンスによるセット販売も展開。家庭向けには見える化サービス「はぴeみる電」や「はぴe暮らしサポート」、法人向けには最適エネルギーシステム運用提案、ユーティリティーサービスなど付加価値サービスに注力。ガス事業もアライアンスを強化し、積極的に販売していく。

 スマート社会への取り組みも積極的に関与。けいはんな実証での経験を生かし、堺市鉄砲町では下水再生水複合利用、万博公園ではエリア一括受電による再エネ面的利用プロジェクトを実装、横浜でも周辺エリアと連携しエネルギーシステムの最適化など各地のスマートコミュニティー形成に参画。今年度からはVPP実証も開始し来年度から始まるネガワット取引の動向も踏まえながら、アグリゲーター事業の展開も含めプラットフォーム事業の早期運用を目指す。

このサイトについて

日本経済新聞社について