【企業講演】松崎 真樹 氏 デジタル IQがイノベーションの鍵を握る

2016年3月31日

PwCコンサルティング
パートナー
松崎 真樹 氏

 2007年から当社はデジタルIQサーベイを実施してきた。デジタルのリーダー企業が企業の付加価値をどう高め、持続させるためにアクションすべきかを問うもので、今年度は51カ国、約2000人の経営者およびIT関連幹部をサーベイした。

 その結果を見ると、15年はデジタルの転換期だったことが分かる。従来IT部門中心だった投資がマーケティングや事業部門にも行われ、CDO(最高デジタル責任者)がCIO(最高情報責任者)に並ぶ存在の業界もある。そして、デジタルIQの高い企業は後進企業の約2倍の速さで収益や利益の成長を遂げる傾向も分かった。

 デジタルIQを高める上で企業ができることは、第1にデジタル戦略をとぎすませて現場に落としこむこと。第2に、短期的利益追求と長期的競争優位を意識した広い視野で取り組み、競争優位を獲得できるビジネス領域にフォーカスすることだ。デジタル投資を円滑に行うための評価・測定も重要になる。

このサイトについて

日本経済新聞社について