【基調講演】林 泰弘 氏 産学官によるエネルギーイノベーションの創出~エネルギー・サイバーフィジカルシステム~

2015年12月18日

早稲田大学 理工学術院教授
スマート社会技術融合研究機構 機構長
林 泰弘 氏

 超スマート社会形成に向け科学技術イノベーションが求められる。その社会はクラウドやIoT(インターネット・オブ・シングス)など最先端技術を駆使しサイバー空間で最良の答えを導き、実世界の暮らしに最適なエネルギー効率と便利さをもたらすサイバーフィジカルシステムによって実現する。

 その構築と実装に向け、産学官連携で技術革新を図るためのイノベーションプラットフォーム(IPF)を提案している。中立な大学がプラットフォームを用意しグランドデザインを行う。そこに企業が集まり研究開発を進め高品質なものづくりで社会実装する。新しいルールが必要なら関連省庁と協調して検討し、実フィールドで実証する。重要なのは研究設備や実フィールドと共に異業種が連携した人と企業をつなげるプラットフォームがあることだ。

 現在、ACROSSではIPFを活用して次世代協調EMS評価基盤の研究、ネガワットや再生可能エネルギーの実証事業などを展開。とりわけ次世代協調EMS評価基盤は7大学から多分野のトップレベルの先生方が集まる最強チームで構成し、経済分析、サイバーセキュリティー、気象衛星からの情報配信などを駆使し、プラットフォーム上での実装・評価を進めている。

 電力とガスの小売り全面自由化も間近でエネルギーとサービス、情報が連動した新しい価値やサービス創出、社会適用が課題だ。2020年までには東京で創エネ、省エネ、蓄エネが連携してエネルギーを運用する社会インフラモデルの提示が求められる。トータルデザインと社会実装へのけん引が必要だ。我々、学が中立の立場としてIPFの中心となり、超スマート社会実現に少しでも寄与していきたい。

このサイトについて

日本経済新聞社について