【基調講演】田坂 隆之 氏 電力分野における取り組みと今後の展開~総合エネルギー企業を目指して~

2015年11月30日

大阪ガス 執行役員
リビング事業部 計画部長
田坂 隆之 氏

 大阪ガスは創業以来、常に新しい事業分野を開拓、今では営業利益の半分以上を都市ガス以外の事業が占める。電力分野では燃料電池を含むコージェネレーションの導入などの取り組みを早くから進めてきた。

 コージェネは需要地で発電し、同時に発生する熱も利用する分散電源で、省エネ、省CO2(二酸化炭素)に優れたシステムで、発電した電力はサイト内で自家消費するのが一般的。しかし熱負荷の高いサイトでは、熱負荷に合わせて稼働し、余った電力を他の需要家に供給する電源コージェネの導入を進めている。また、コージェネはその出力を制御することで、太陽光など再生可能エネルギーの出力変動を補完する調整力の役割も期待される。

 このようなコージェネの供給力や調整力を活用して、スマートエネルギーネットワークを構築し、太陽光発電や蓄電池等と協調、連携したシステムを実現。

 家庭用分野では、燃料電池「エネファーム」の販売台数が、当社供給地区内で4万台を突破した。集合住宅への普及拡大を目指し、機器のコンパクト化と高効率化に取り組むとともに、逆潮流の実証も行っている。電力自由化を契機に、エネファームの逆潮電力を広く活用していきたい。

 当社は、来年1月から電力小売り契約の申し込み受け付けを開始。創業以来培ってきた顧客とのつながりを大切にし、ニーズに合わせた新しいサービスの拡充、電気の使用状況に応じた経済的な料金の提案など、顧客から選ばれ続ける総合エネルギー企業を目指していく。

このサイトについて

日本経済新聞社について