【挨拶】柳 正憲 氏 新たな社会資本として期待

2018年6月19日

日本政策投資銀行 代表取締役社長
柳 正憲 氏

 今回の日経地方創生フォーラムの中心テーマは「グリーンインフラ」である。当行は「DBJグリーンインフラ研究会」を立ち上げ、各方面の専門家らと日本におけるグリーンインフラの導入促進などについて議論してきた。当行はそれによる地方創生へ金融機関としての役割を果たしていきたい。

 グリーンインフラには3つの側面がある。1つは、国連が提唱する持続可能な開発目標(SDGs)を加速させる新たな社会資本としての期待の高まりから、欧米では投資が進んでいる。2つ目は、地方財政が厳しい中、従来の公共工事を補完し防災・減災機能を備えた持続可能な街づくりを担うものとして。3つ目は、国の改正国土形成計画に盛り込まれ、伊勢志摩サミットのG7合意でも推進が掲げられたこと。

 ここ東京・大手町にも既にグリーンインフラが造られ、憩いの場所を提供している。今回の議論がグリーンインフラという新たな社会資本の推進を考える上で役立つことを期待してやまない。

  • 日経イベント&セミナー

このサイトについて

日本経済新聞社について