【基調講演】西島 弘也 氏 水素社会実現に向けたJXの取り組み

2015年8月24日

JX日鉱日石エネルギー
取締役 常務執行役員
新エネルギーカンパニー・プレジデント
西島 弘也 氏

 ENEOSブランドを展開するJX日鉱日石エネルギーは、国内燃料油販売の約3分の1のシェアを持つ。当社の水素供給ビジネスモデルは、全国約1万1千カ所のサービスステーション(SS)網と製油所からの大量の水素供給余力を活用した、安定的な水素供給と自動車関連サービスである。これにより、トータルでお客様のカーライフをサポートする。

?

 我々は、国の「15年度内に100カ所程度の水素ステーション整備」という目標を踏まえ、40カ所程度の展開を目標にしている。首都圏と中京圏で12カ所をオープンしており、今後、九州や関西にもエリアを拡大していく。FCVの黎明(れいめい)期には有効な、移動式ステーションも12カ所を予定。供給体制を盤石にするべく、昨年、100%子会社のENEOS水素サプライ&サービスを設立した。

?

 ただ、水素ステーションの建設・運営コストはまだ高く、自立的展開のためのコストダウンに努力を重ねている。その一つが有機ハイドライド技術だ。トルエンなど有機化合物に水素を取り込み、常温常圧の液体で貯蔵・輸送する方式で、現行の高圧方式に比べ3倍近くの水素の運搬が可能になる。

?

 当社は東京2020オリンピック・パラリンピックのゴールドパートナー(石油・ガス・電気供給)に決定した。大会中はもちろん、大会後も見据え「レガシー」にもなり得る水素供給インフラ整備により、新たなエネルギー社会の創造に挑戦していきたい。

?


既存インフラを活用した水素ステーション

このサイトについて

日本経済新聞社について