シンポジウム

水素が切り開く日本の成長戦略とスマート社会

国のエネルギー基本計画で電気・熱に次ぐエネルギーの新たな柱とされた「水素」。環境負荷の低さやエネルギーセキュリティーなどの面から注目される水素を基盤とした未来のまちづくりにも期待が高まるが、つくる・運ぶ・ためる・つかうなど様々な局面で超えなければならないハードルは多い。7月22日、東京・大手町の日経ホールにて、水素社会実現の最前線に立つ各分野の専門家が一堂に会し、活発な議論を展開した。

プログラムを読む

前へ 1 2

このサイトについて

日本経済新聞社について