シンポジウム

官民連携と、地域連携で実現する地方創生

 日経地方創生フォーラム「官民連携と地域連携で実現する地方創生~実装に入った地方創生 具体的事例から考える持続可能な経済循環」(主催=日本経済新聞社)が9月27日、東京・大手町の日経ホールで開かれた。「農業」と「官民連携・地域連携」をテーマに、地方創生実現のための方策を識者が議論・提言した。

プログラムを読む

水素が切り開く、日本の成長戦略とスマート社会

 利用時に二酸化炭素(CO2)を排出しない水素エネルギーを活用した社会の本格的構築に向け歩み始めた日本。水素の製造・流通・利用技術をどのように発展させていくのか。7月28日に東京・大手町の日経ホールで開催された「日経社会イノベーションフォーラム」では、その最前線に携わる専門家や関係者が集まり活発に議論した。

プログラムを読む

官民連携と地域連携で実現する地方創生

 日本経済の成長と社会発展の原動力として地方創生に注目が集まっている。このほど都内で開催された日経地方創生フォーラム「官民連携と地域連携で実現する地方創生~実装に入った地方創生 具体的事例から考える持続可能な経済循環~」では国・自治体や大学、地域団体の関係者が登壇。深刻化する超高齢化や人口減少など地方が抱える課題などについて、様々な角度から議論、提言した。

プログラムを読む

横浜発世界へ。持続可能な開発を考える

 日経社会イノベーションフォーラム「横浜発世界へ。持続可能な開発を考える」が1月17日、横浜市で開かれた。街づくりの取り組みでも、環境や貧困などの社会問題と、経済発展を両立させる姿勢が求められている。国や自治体、企業の取り組みの現状と課題を、関係者が話し合った。

プログラムを読む

電力・ガス自由化がもたらす未来とスマート社会

 日経社会イノベーションフォーラム「電力・ガス自由化がもたらす未来とスマート社会」が10月11日、東京・大手町の日経ホールで開催された。今春の電力自由化、来春のガス自由化によって、エネルギー業界や消費者・事業所はどう変わったのか。スマート化で今後どうなるのか。現状や今後のあり方について、関係者が現場の実感を踏まえて話し合った。

プログラムを読む

水素が切り開く 日本の成長戦略とスマート社会

 日本のエネルギーの在り方を長い視点で考える際、「水素」は欠かせないエネルギー源となりつつある。高い環境性などメリットも大きい一方で、製造コストの高さなど克服すべき課題も多い。7月12日に東京・大手町の日経ホールで、水素社会を目指して最前線で取り組む各分野の専門家が集まり、活発に議論した。

プログラムを読む

日本の成長戦略と社会イノベーション

 昨年7月から開催されてきた「日経社会イノベーションフォーラム」では、次世代の日本社会の姿を形作る様々なソリューションが紹介され、その革新的な取り組みがもたらす多くの効果が報告された。3月8日に東京・大手町の日経ホールで開催された同フォーラム「日本の成長戦略と社会イノベーション」では、その集大成としてIoT(インターネット・オブ・シングス)やビッグデータ、スマートコミュニティーや水素インフラ、ソリューションマッチングやファイナンスなどの各分野から、日本の進むべき方向性が多角的に示された。

プログラムを読む

スマート社会の実現と超高齢社会を考える~環境未来都市・横浜の挑戦~

 世界中で都市への人口集中が進む中、環境問題、高齢化問題への対応が急務となっている。政府は課題解決のモデルとして「環境未来都市構想」を打ち出し、全国11都市を選定した。そのうちの1つ横浜市では、多くの市民、企業の協力を得て、様々なイノベーションが進んでいる。1月21日に横浜市で開催された社会イノベーションフォーラムから世界が注目する同市の取り組みを紹介する。

プログラムを読む

産学官連携のイノベーションで実現する持続可能なスマート社会

 環境に優しく人が快適に暮らせる、持続可能なスマート社会。エネルギー、IT(情報技術)、建設など多くの分野が連携を強め、新しいエネルギー管理システム(EMS)といったイノベーションを加速することで実現する。早稲田大学は昨年、スマート社会技術融合研究機構(ACROSS)を設立し、中立的な“学”の立場で新たな産学官連携を主導する。11月13日、早大大隈記念講堂にて、スマート社会実現を目指す同志が一堂に集い、活発な議論を展開した。

プログラムを読む

1 2

このサイトについて

日本経済新聞社について