2013年 経営者の挑戦 独立系M&Aアドバイザリーファームという強みを生かしワンチームでクライアントを支援する 2006年にM&A(合併・買収)アドバイザリーファームとして日本初の上場を果たした後、米サヴィアンとの経営統合を経て生まれたGCAサヴィアングループ。独立系の上場M&Aアドバイザリーファームとして、国内外の様々なM&A案件に関わっている。クライアントの視点に立ったアドバイスとチームワークにより、これまで1000以上におよぶ案件をサポートしてきた。M&Aを活用する日本企業が増えつつある中、同社の役割や強みについて、代表取締役 渡辺 章博氏に話を聞いた。

PAGE TOP
PAGE TOP
PAGE TOP

このサイトについて

日本経済新聞社について