日本経済新聞 関連サイト

ソーシャルビジネス関連コラム&インタビュー

記事一覧

「月1000円」「1口3万円」で社会は変えられる~ソーシャルファイナンスによる貧困削減に挑む

認定NPO法人Living in Peace 理事長 慎 泰俊(しん てじゅん)氏

 金融業界で働きながら、NPO法人 Living in Peace(リビング・イン・ピース)を設立し、発展途上国の貧困層に向けた日本初のマイクロファイナス投資ファンドを企画した慎泰俊氏。2014年には自らもマイクロファイナンスの会社を立ち上げ、発展途上国の貧困削減により直接的に取り組もうとしている。日本初のマイクロファイナンス投資ファンドはどのような問題意識や経緯から立ち上げられたのか。貧困削減への取り組みは、どのような展開をみせているのか。「すべての人が貧困から抜け出せる機会づくり」に奔走する慎氏に語ってもらった。


――マイクロファイナンスへの注目度は世界的に高まっているものの、日本ではまだあまりなじみがありません。

<b>慎 泰俊(しん てじゅん)</b><br>

 1981年東京生まれ。 朝鮮大学校政治経済学部法律学科卒業。早稲田大学大学院ファイナンス研究科修了。モルガン・スタンレー・キャピタル、ユニゾン・キャピタルを経て、2014年7月に五常・アンド・カンパニー設立。仕事の傍ら、2007年にNPO法人Living in Peaceを設立し、代表を務める。著書に「働きながら、社会を変える。~ビジネスパーソン『子どもの貧困』に挑む」(英治出版)、「ソーシャルファイナンス革命~世界を変えるお金の集め方」(技術評論社)など。

慎 泰俊(しん てじゅん)
 1981年東京生まれ。 朝鮮大学校政治経済学部法律学科卒業。早稲田大学大学院ファイナンス研究科修了。モルガン・スタンレー・キャピタル、ユニゾン・キャピタルを経て、2014年7月に五常・アンド・カンパニー設立。仕事の傍ら、2007年にNPO法人Living in Peaceを設立し、代表を務める。著書に「働きながら、社会を変える。~ビジネスパーソン『子どもの貧困』に挑む」(英治出版)、「ソーシャルファイナンス革命~世界を変えるお金の集め方」(技術評論社)など。

 マイクロファイナンスとは、主に発展途上国の貧困層を対象とした、小規模の金融サービスの総称です。牛やニワトリを飼っている人、小規模で農業を営んでいる人などに小口の資金を融資して、家畜の数を増やしたり、新たに仕事を始めたり、規模を大きくしたりするお手伝いをすることで、生活をより豊かに変えていくのが、マイクロファイナンスの目標です。

 最も一般的なのは、お金を貸す「マイクロクレジット」ですが、「送金」や「保険」などのサービスも提供しています。とりわけ「預金」は重要です。お金を貯める習慣をつけることは、貧困から抜け出す最良の方法の1つですから。

 マイクロファイナンスを扱う金融機関が提供しているローンの残高は現在、世界で約10兆円とされています。

――貧困層を対象とする金融だと、ビジネスとして難しいように思えるのですが、なぜ、それほど拡大しているのですか。

 一般的に、マイクロファイナンスでのローンの貸し倒れ率は、2~3%と言われています。日本の金融機関でもなかなかない、非常に低い水準です。

 事前審査など仕組みがしっかりしていることももちろんですが、貧困層が"村社会"に暮らしていることも、大きな理由です。例えば、貸し手が村長さんと信頼関係を築けば、借り手は村社会で生きていくために、きちんと返済しなければならない。村社会でお金を貸す仕組みは、2、300年前から確立されているビジネスモデルなのです。加えて、そもそも多くの発展途上国では経済が成長しているので、貸し倒れ率は低くなる傾向にあります。

――Living in Peace(以下、LIP)ではどのようなかたちで、マイクロファイナンスに取り組んでいるのですか。

 マイクロファイナンス機関向けのファンドを企画するとともに、マイクロファイナンスに関する情報を発信しています。LIPのスタッフは皆、本業の傍らボランティアで参加し、メーリングリストでやりとりしながら、主に土日を使って活動しています。現地調査などに必要な渡航費等は、ファンドの運用手数料と、マイクロファイナンスに関するセミナー収入で賄っています。

PICKUP[PR]