日本経済新聞 関連サイト

技術を武器にする経営 日本企業に必要なMOTとは何か

記事一覧

技術者は構想・利益なき繁忙に陥っていないか

意味のない忙しさに振り回される三つの要因

伊丹 敬之氏、宮永 博史氏

本当に意味のある忙しさなのか

 技術者はとにかく忙しい。技術開発競争に明け暮れて、目の前にある課題を一刻も早く解決しようとサービス残業も厭わず働きに働いている。上司に指示されているわけでもないのに、土日も自主的に出勤して仕事に没頭する。

 そうした苦労の末にようやく開発した製品を出荷してそれで終わりかと思いきや、そうは問屋がおろさない。市場に出してから予期せぬ問題が発生する。それが技術上の問題であれば、何はさておき開発者自身が現場に出向いて問題解決にあたらなければならない。本来であれば、技術サポート部隊に引き継ぐべき仕事であるが、技術の粋を集めた新製品では、開発者自身が現場に駆けつけないと埒があかない場合も多い。次の開発をかかえながら、現場のトラブルにも対応しなければならない技術者は、まさに体がいくつあっても足りないほどだ。

 しかし、こうした忙しさは果たして本当に意味のある忙しさなのであろうか、ときとして意味のない忙しさに振り回されてはいないだろうか、というのが今回の基本メッセージである。前回で見たように、思い込みを思い入れと勘違いすると、技術者は意味のない忙しさに振り回されかねない。技術者だけが忙しいのではすまされない。技術者が構想なき繁忙に走り出すと、企業全体が振り回され、利益なき繁忙に陥るのである。

 技術者が意味のない忙しさに振り回されるとしたら、次の三つの要因が考えられる。そして、この三つは相互に関連しあっている。

1.手っ取り早く、目の前の問題だけを解決しようとする

2.意味のある問いを発することができない

3.上位概念を構想できない

PICKUP[PR]