日本経済新聞 関連サイト

ビジネス視線で読み解くITの価値

記事一覧

「モノのインターネット」化があらゆる業界に新サービスをもたらす

ガートナー ジャパン 山野井聡氏

 前回のコラムで、今年の注目トレンドの一つとして、モノのインターネット化(Internet of Things:IoT)をとりあげた。ガートナーでは、IoTは、ビッグデータ、ソーシャル、モビリティ、クラウドなどと並んで重要なトレンドキーワードと考えている。そこで今回は、このトピックにもう少し踏み込んでみよう。IoTは、我々のビジネスにどのようなメリットをもたらすだろうか。

食器や靴がインターネットにつながる時代

 IoTとは、言わばビジネスや生活をとりまくあらゆるモノにセンサーチップが埋め込まれ、ワイヤレス技術を通じて、インターネットに接続された状態を指す。

 ネットワーク環境につながる対象物を「デバイス」と称するなら、IoTとは、モノのデバイス化である。2009年の時点で、全世界ですでに約25億個のデバイスがインターネットに接続していた。当時のデバイスの多くは、PCやサーバー、携帯電話などであったが、IoTの世界のそれは、現場の設備機器などの企業資産や、われわれ消費者が日常的に使う製品へと広がり見せる。

 消費者向け製品といっても、自動車や家電ばかりではない。例えば、家具や食器、衣服、靴、ノート、ペンなどもインターネットにつながるのだ。ガートナーの予測では、2020年にその数は実に300億個に達する。もちろん、その後もIoTは地球規模で膨張を続けていく。

あらゆる業界のビジネスの「種」になる

 企業にとってIoTはどのような意味をもつだろうか。何よりも重要な点は、IoTが膨大なデジタルデータを企業に提供するようになるということだ。それらは貴重なビジネスの「種」であり、ビジネスの成長やコスト削減、さらには新しい市場を創出するベースとなる。ガートナーでは、2020年にその経済効果は1.9兆米ドルに達すると試算している。

 IoTを駆使した企業の創意工夫はすでに始まっている。2014年現在の取り組みをいくつか挙げてみよう。

この記事は会員限定コンテンツです。
続きを読むには、日経BizGateに会員登録(無料)してください。

最初に日経IDを取得し、その後日経BizGateに利用登録します。
おすすめ記事やキャンペーンをお知らせするメールマガジンもご利用ください。

すでに登録済みの方はログインしてください。

今すぐ登録 ログイン

PICKUP[PR]