日本経済新聞 関連サイト

ソーシャルメディアのその先へ

記事一覧

誰かに伝えたくなる、5つの口コミ起爆スイッチ

トライバルメディアハウス 池田紀行氏

琴線スイッチ「すごい」
品薄だったiPhoneをミキサーで粉砕! 販売急上昇

 「驚き」の琴線には、もう1つ「すごい!」というスイッチがある。以下の動画を見てほしい。米ブレンドテックが販売する「何でも砕いちゃう超強力ミキサー」の威力を示すため、同社がYouTubeにアップしている衝撃の映像である。

 ブレンドテックは過去にも様々な「話題の商品」をミキサーに入れ、粉砕してしまうことで有名な会社だが、初期型のiPhoneが発売され、市場で品薄状態のときに「えっ!いま話題で手に入りにくいiPhoneをミキサーに入れて粉砕しているだって!?」と話題を呼んだ。実際に見てみれば、そのインパクトにびっくりするだろう。

 ちなみに、この動画が話題となり、アマゾンでの同社ミキサーの販売数は前年比で数倍に跳ね上がったそうだ。

 ブレンドテックの映像が「驚き:すごいインパクト!」とすると、次の動画は「驚き:すごい手間ひま!」といえる。フランスとスイスのアーティスト集団Guillaume Reymondが手掛ける「人間テトリス」だ。2分38秒あるが、60秒ほど見れば十分おもしろさが分かるだろう。

 思わずクスッとか、ニヤッとかしてしまったのではないか。同時に、「こんなに面倒くさいことをよくやったなぁ!」と感嘆したのでは。これが、驚きの「手間ひま」スイッチである。コンピューターグラフィックス(CG)全盛の時代に、あえて圧倒的な手間ひまをかけることで、視聴者の「すごい!」という感情を揺さぶっている。

PICKUP[PR]