日本経済新聞 関連サイト

テクノロジーインパクト2030 Picks

記事一覧

AIリテラシー、マネジメントに求められる力

第5回 産業技術総合研究所 上席イノベーションコーディネーターの杉村領一氏に聞く

 日経ビジネススクール(日本経済新聞社、日経BP社)では、新事業や経営を担う次世代リーダー向けに、テクノロジーが引き起こす社会や産業の大変革を予測し、それを乗り切る羅針盤となる戦略を伝授する「テクノロジーインパクト2030人工知能(AI)編 第3期」を2018年3月9日に開講します。本稿では「テクノロジーインパクト2030人工知能(AI)編 第3期」の講師に、AIをビジネスに活用する上でのキーポイントを聞きます。

 金融や不動産、医療や食品、自動車や電機といったあらゆる業種で、人工知能(AI)の活用が広まってきている。新聞やテレビ、Webで流れる日々のニュースでAIという言葉を聞かない日はない。AIに対して「人間の仕事を奪う」と危惧する声があるものの、事業を効率化させる利点は企業にとって大きな魅力であり、AI活用はこれからも広がり続けるのは想像に難くない。

 だが、AIに担わせる内容が高度かつ複雑になるに従い、AIが出した分析結果を信じてよいかどうかの判断が難しい場合が増えてくるとみられている。さらにはAIが導き出した結果の活用の巧拙によって、効果の差が大きくなるであろう。AIのもたらす価値、AIが出した結果を適切に判断するための知識などについて、産業技術総合研究所 上席イノベーションコーディネーターで、人工知能研究センターの連携推進チーム長を務める杉村領一氏に聞いた。

理解しておくべき3つの要素

――人工知能(AI)が実社会で使われる機会が増えてきました。ビジネスでのAI活用を判断する経営層やマネジャーは、AI活用を目的化せず、ツールとして使いこなせる力「AIリテラシー」が求められます。AIを使いこなすために、どのようなことを理解しておく必要がありますか。

杉村 領一(すぎむら・りょういち)氏<br>

1980年京都大学工学部情報工学科卒業、松下電器産業(現・パナソニック)入社。先端技術研究所モバイルネットワーク研究所所長、パナソニックモバイルコミュニケーションズ社基本システム開発センター所長等を歴任。2012年NTTドコモ マーケティング部戦略アライアンス担当部長、13~15年TIZEN ASSOCIATION Chairman、14年プロダクト部プロダクトイノベーション担当部長。16年より国立研究法人産業技術総合研究所 情報・人間工学領域 上席イノベーションコーディネーター。 杉村 領一(すぎむら・りょういち)氏
1980年京都大学工学部情報工学科卒業、松下電器産業(現・パナソニック)入社。先端技術研究所モバイルネットワーク研究所所長、パナソニックモバイルコミュニケーションズ社基本システム開発センター所長等を歴任。2012年NTTドコモ マーケティング部戦略アライアンス担当部長、13~15年TIZEN ASSOCIATION Chairman、14年プロダクト部プロダクトイノベーション担当部長。16年より国立研究法人産業技術総合研究所 情報・人間工学領域 上席イノベーションコーディネーター。

 AIを活用する上で、踏まえておきたい要素が大きく3つあります。機械学習、知識・オントロジー、シミュレーションです。

 機械学習は昨今注目されている要素です。物体の動きや状態、温度や湿度といった環境などの実世界のアナログ情報をセンシングしてデジタル情報のデータに変換し、センシングしたモノを認識するときに使われます。機械学習を簡潔に定義すると、データ群の中に潜むパターンを機械的に見つけ出して、予測や分析に用いる手法の総称になります。

 知識・オントロジーは、認識したモノが「何を意味するか」を推論し、さらに推論に基づいて次にどのように行動するのかを計画するときに必要な要素です。人間が持っている知識やデータ処理のためのルールが書かれた辞書のようなものと考えてください。

 シミュレーションは、推論と行動計画、行動の実行といった一連の動きをコンピューター上で確認したり、再現したりする仕組みです。AIを事業で用いるときに、こうした3要素があることを理解しておくと、どんなデータが必要なのか、どのような分析や予測をしたいのか、予測を受けて何を実行するのか、といったAIを活用する一連のフローが見えるので、AIを使いこなす上で有利です。

PICKUP[PR]