日本経済新聞 関連サイト

天下人たちのマネジメント術

記事一覧

家康も悩んだ「後継者」と「完全引退」

後継レースから外れても優秀だった秀康

柴裕之氏の「徳川家康」(平凡社)は最新研究を盛り込んだ 柴裕之氏の「徳川家康」(平凡社)は最新研究を盛り込んだ

 外交問題で戦国大名父子が対立するのは武田信玄と義信のケースがある。桶狭間合戦以降、衰退していた今川家の駿河国への侵攻を狙う信玄に義信が反対した事件だ。ただ「義信は廃嫡、幽閉で済んだが、信康はより厳しく切腹処分だった」と柴氏。徳川家として領国内外への対武田路線を貫くという意思表示が必要だったと指摘している。

 信玄には代わりの後継者として武田勝頼がいたが、信康事件の時、秀忠はまだ生まれたばかり。世代的にも徳川家の人材がぽっかり途切れてしまった形で、野田浩子・元彦根城博物館学芸員は「井伊直政抜てきには、信康の空いた穴を埋めようとする狙いもあった」としている。

 次男の秀康ではなく3男の秀忠が跡継ぎになったのは「秀忠の生母にあたる西郷の局が正妻として位置づけられていたから」(柴氏)という。出自の低い母から生まれた秀康は人質として豊臣家に養子に出された後、関東の名門・結城家の養子におさまった。

 後継レースから外れたはずの結城秀康が、極めて優秀な武将に成長しただけに、家康も悩ましい思いをすることになった。秀吉の養子時代に無礼な家来を一刀両断にした、相撲見物に騒ぐ民衆をひと睨(にら)みで静まらせたなどというエピソードは、史実ではないにしても秀康の器量の大きさをうかがわせる。家康自身がその資質を認めていたからこそ、関ケ原合戦の際は上杉景勝対策に秀康を宇都宮に残したようだ。

 関ケ原に向かわせなかったのは、秀康が嫡子の秀忠より大功を立てさせないためというのが通説だが、皮相な見方だろう。「関ケ原前夜」(NHK出版)の著者、光成準治・九州大学大学院特別研究者は「東軍として景勝をけん制するはずの伊達政宗、最上義光ともに内密に対上杉講和を模索していた」と指摘する。関東以北で気脈を通じている大名も多く、景勝の関東侵攻は十分可能だったという。

PICKUP[PR]