日本経済新聞 関連サイト

古川修の次世代自動車技術展望

記事一覧

最終ゴールは「交通事故ゼロ化」

芝浦工業大学 特任教授 古川 修 氏

 外的要因である道路環境に対しては、ADASの機能として、あらゆるハザードを検知しうるセンシング技術の高度化が必要となる。すなわち、自動車に搭載するカメラ画像の処理能力、レーダーなどの検知能力の向上、自律搭載センサーでは検知できない道路環境情報を路車間通信や車車間通信によって取得するシステムの開発と普及、さらに、GNSS(Global Navigation Satellite System / 全球測位衛星システム)や道路インフラと連携した自動車の自己位置推定精度の向上などが開発課題となる。

 これらのうち、画像処理による道路環境認識には、ディープラーニングをベースとしたAI(人工知能)の適用がキーとなる。

 内的要因であるドライバーの運転の過ちに対しては、ADAS機能として衝突可能性の判断技術の高度化がまず必要となる。それには、ドライバーの視線検出技術や覚醒度検知技術、ドライバーの運転意図推定などの技術、さらには、ADASが走行中にドライバーの運転特性をリアルタイムでモデル化して衝突可能性を推定する技術などの開発が必要となる。

 また、これらの開発には、様々なドライバーや道路環境を対象として、大規模なビッグデータを蓄積してドライバーの運転行動をモデル化し、事故誘発の可能性を推定するアプローチなどが必須となると考えられる。

 さらに、リスク回避の最後のバリアとして自動運転システムの、安全維持機能を利用することができる。それゆえ、現在行われている日米欧での自動運転技術の開発プロジェクト自体は、交通事故ゼロ化へ大きく貢献するといえる。ただし、何度も言うが、「完全自動運転」ではなく、「交通事故ゼロ化」を最終ゴールに設定し直すことが、緊急かつ重要なのだ。

 自動運転の産学官連携プロジェクトでは、各自動車メーカーが高速道路でドライバーにとってありがた迷惑な単レーンの自動運転機能の実用化でお茶を濁すだけではなく、一般路での自動運転機能へ踏み込んで、交通事故ゼロ化へ貢献していただきたい。

古川 修(ふるかわ よしみ)

芝浦工業大学大学院理工学研究科 特任教授・公益社団法人自動車技術会フェローエンジニア。1948年東京生まれ。東京大学工学部卒。1977年東京大学大学院工学系研究科博士課程単位取得退学。1977年本田技術研究所入社。1987年に世界初の乗用車用4輪操舵システムを実用化し、その後自動運転システム、2足歩行ロボット、先進運転支援システムなど、革新技術の研究開発プロジェクト責任者を務める。2002年芝浦工業大学教授。SO/TC204/WG14のコンビーナー(国際議長)を2回務め、ITS(高度交通システム)における運転支援システム技術の国際標準化に取り組む。車両運動制御に関する国際学術シンポジウムAVEC(1992)、自動車交通予防安全技術に関する国際学術シンポジウムFAST-zero(2011)を立ち上げる。2013年から現職。公職としては、国交省の先進安全自動車(ASV)推進検討会、警察庁、特許庁などの先進自動車技術に関する検討会の委員。表彰は、1991年発明協会より全国発明表彰で内閣総理大臣賞受賞など。趣味は、ブルーグラス、カントリー、ジャズなどのバンド演奏、そば打ち、日本酒蔵巡りなど。主な著書は「自動車の百科事典」(共著:丸善)、「ヒューマンエラーと機械・システム設計」(共著:講談社)、「クルマでわかる物理学」(オーム社)、「自動車のしくみパーフェクト事典」(監修:ナツメ社)、「蕎麦屋酒」(光文社知恵の森文庫)、「世界一旨い日本酒」(光文社知恵の森文庫)。

PICKUP[PR]