日本経済新聞 関連サイト

古川修の次世代自動車技術展望

記事一覧

最終ゴールは「交通事故ゼロ化」

芝浦工業大学 特任教授 古川 修 氏

ゴールを変えれば、アプローチも違ってくる

 ゴールを変えれば、そこへ至るロードマップと必要となる技術開発のアプローチは全く違ったものとなってくる。自動運転のレベル1、2、3、4......という段階分けによる開発アプローチの検討はあまり意味のないものとなる。交通事故ゼロを実現するには、現在のADASでは衝突回避ができない交通事故形態へ対応として新機能の追加が必要となる。すなわちADASの機能の高度化へ向けた新たな視点の技術開発が重要課題となる。

 ADASの高度化のポイントとなるのは、自動運転化技術だけではなく、HMI(ヒューマン・マシン・インターフェイス)技術がキーポイントとなる。現在開発されているADASでは、事故に至る可能性が予測されたときには、ドライバーにまず注意喚起をうながすために音・音声を発したり、ランプを転倒したりする。

 しかし、ドライバーは注意をどこに向けていいかという情報を与えられていないので、どのようなリスクが潜在していて、それを引き起こすハザードがどこにあるかということは自分で認識する必要がある。そのため、リスクの状況とハザードの位置までドライバーに知らせるインターフェイス技術を確立すれば、事故回避の運転行動を容易にとれることになる。

 例えば、ドライバーの視線を検知して、衝突しそうになっている他車両や障害物、歩行者などをドライバーが見落としていれば、それらをハザードであるとシステムが認識する。そのハザードの存在位置をHUD(ヘッドアップディスプレイ)やスマートグラスなどで視覚的に示す。それをドライバーが見て視線誘導が行われ、ハザードとなっている障害物を確実にドライバーが発見できる、といった安全運転支援機能が考えられる。

 ドライバーに明快にリスクの状況とハザードの位置を示せれば、事故回避の確率は大幅に向上するだろう。

 また以前述べたように、ハンドルによる回避限界距離はブレーキによるものより短いので、ドライバーの運転意図が分からないと、自動ブレーキを衝突回避ができるタイミングで作動させることができない。従って、ドライバーの運転意図を予測する技術を開発して、適切なタイミングで自動ブレーキを作動させれば、多くの衝突事故を回避できることになる。

 ドライバーの覚醒状態や体調を推定するためのHMI技術も重要だ。高速道路走行中にドライバーが居眠りしたり、病気などで意識を失ったりして、事故に至ることもある。その兆候を検知して、他車やガードレールなどの障害物に衝突しないように、安全な場所まで自動運転で避難走行して停止するシステムが実用化できれば、高速道路での大惨事を回避できる。このシステムではドライバーの体調を検知する技術開発が必要となる。ちなみに、現在国交省の先進安全自動車推進検討会で検討対象としているところである。

PICKUP[PR]