日本経済新聞 関連サイト

パクリ商標

記事一覧

腕時計「ミュラー」に勝訴した「三浦」

知財コミュニケーション研究所代表、弁理士 新井 信昭氏

知財高裁「類似せず」と判断

 ちょっと横道にそれますが、ここでは「東京地方裁判所」は登場しません。なぜかと言うと、特許庁の審判は地方裁判所と同じように法律に基づいてキッチリとやっているので、地方裁判所で同じことを繰り返すよりも、それをスキップして知財高裁へ、そして最高裁へというルートになっているのです。

 ディンクス社の勝訴について一部のメディアは、「本家の商標権侵害せず」というように報道しました。これをそのまま読むと、ミュラー社の商標権をディンクス社が侵害しているとして裁判したが、ディンクス社が勝ったので商標権の侵害はなかった、というように読んでしまいますが、これは正確ではありません。

 審決取消の確定により、商標『フランク三浦』の登録はそのまま存続することになった。これが正しい理解です。

 さて、ミュラー社はどのような理由により商標『フランク三浦』の登録が無効であると主張したかご説明します。理由は四つ。商品や役務との関係は省略します。

 一つめは、他人の周知商標と同一・類似の商標だというもの(商標法4条1項10号、以下「10号」と言う)。二つめは、他人の先願先登録の商標(先に出願し先に登録された商標)と同一・類似の商標だというもの(商標法4条1項11号、以下「11号」と言う)。三つめは、他人と混同するおそれがある商標だとするもの(商標法4条1項15号、以下「15号」と言う)。最後は、不正競争の意図がある商標だとするもの(商標法4条1項19号、以下「19号」と言う)です。

 11号は、他人の先願先登録の商標と同一・類似の商標は登録を受けられない、という規定です。同じだったり類似したりする商標がダブって登録されるとしたら、人の土地の中に自分の家を建てちゃうようなものです。これが認められたら、「オレの土地だ、入ってくるな!」「何言ってるのよ、ここは私の家よ!」ということになって、世の中が混乱してしまいます。

 これはマズイことなので、重なり合う範囲に他人同士の商標が登録されないようになっているのです。当然と言えば当然の話に感じますが、実務で一番よく使われ最も悩まされる条文です。なお、そのような商標でも、ペアとなる指定商品・指定役務がまったく別物なら11号には該当しないことは、第Ⅰ章で申し上げたとおりです。

 さて、この11号について知財高裁は「該当しない」と判断したのですが、その理由として知財高裁は、商標『フランク三浦』の読み方と『フランク ミュラー』のそれは似ているけど、見た目や意味合いが全然違うので、2つの商標は類似していない、ということを挙げています。

PICKUP[PR]