日本経済新聞 関連サイト

なぜ中国人は財布を持たないのか

記事一覧

「レンタル彼女」と帰省し、親を安心させる

中島恵 氏

ピカピカの履歴の息子でも、結婚できるか不安

 最近の中国では日本以上にスマホのアプリが発達していて、ネット上の婚活サイトもたくさんあるため、このようなリアルなお見合い広場は少なくなってきたのではないか、と私は勝手に思っていた。

 だが、いまだにアナログな代理お見合いは続いていた。

「男孩儿(ナ ンハー)? 女孩儿(ニ ューハー)?」(「男の子? 女の子?」)

 私にも声がかかった。お嫁さん(お婿さん)を探しにきた中国人の親と勘違いされたらしい。一瞬戸惑ったものの、平静を装って「うちは女の子です」と答えてみた。相手の表情がぱっと明るくなった。その人は50代後半くらいの女性で、30歳の息子のお嫁さんを探しているのだという。本人の略歴が書かれた紙を見せてくれた。そこにはこう書かれていた。

 男性、清華大学卒。国有企業勤務。北京戸籍あり。身長181センチ。マンションあり。

 89年以降生まれの女性を希望。大学本科以上の学歴を希望。容姿端麗であること......。

 北京大学と並び中国最難関といわれる大学を卒業し、まだ若い。略歴を見る限り、申し分ない。というか、これほど高条件の男性にはめったにお目にかかれない。そんな息子さんなのに、なぜ結婚できないのか。

 不思議に思った私が、正直に尋ねると、「奥手で女性に対して消極的なんだよ。まだ結婚する気がないみたいなんだけど、ボヤボヤしていたら、いい相手がいなくなっちゃうでしょう? だから私がこうして嫁を探しに来ているんだよ」という。

この記事は会員限定コンテンツです。
続きを読むには、日経BizGateに会員登録(無料)してください。

最初に日経IDを取得し、その後日経BizGateに利用登録します。
おすすめ記事やキャンペーンをお知らせするメールマガジンもご利用ください。

すでに登録済みの方はログインしてください。

今すぐ登録 ログイン

PICKUP[PR]