日本経済新聞 関連サイト

古川修の次世代自動車技術展望

記事一覧

日本の自動車開発技術もガラパゴス?

芝浦工業大学 特任教授 古川 修 氏

 東京モーターショーが開幕したこともあり、最近はテレビや新聞などのメディアからの取材を受ける機会が増えている。そのとき、必ずこう聞かれる。「日本の自動車産業の技術開発は遅れていて、欧米から見るとガラパゴス状態なのではないか?」。電動化や自動運転、あるいはコネクテッドカー(つながる車)などのキーワードから、技術の中身を知らずに、国内自動車産業で培ってきたガソリンエンジンの技術や走行技術は不要となるのではと臆測しているのだ。

 メディアでの論調も、自動車という「箱」はコンピューターに接続する端末に過ぎなく、これからの自動車はIT産業が先導するといったものが多い。果たしていったいどうなのか? 今回は、国内自動車産業の技術開発状況は本当に遅れているのかを検証し、今後のあるべき開発姿勢について考える。

「電動化」イコール「EV化」の勘違い

 前回も紹介したように、世界の自動車技術はすべての自動車がEV(バッテリーだけを動力とする電動自動車)となる方向に進んでいるのでは、決してない。確かに欧州・中国・米国では、ガソリンエンジンだけを駆動に使う自動車を規制する電動化の政策を次々と打ち出してはいる。それに追従して日本の自動車メーカー、特にHEV(ハイブリッド車)に注力していたトヨタ自動車とホンダは、EVやPHEV(プラグインハイブリッド車)の新たな生産の計画を打ち出している。

 しかし、欧州の電動化政策は、日本のHEVよりも緩い「マイルドHEV」でも許されるものだ。日本のHEVはバッテリーとモーターだけで走行するEV状態にもなるが、マイルドHEVは常にエンジンで駆動し、モーターはそれを補助する駆動力を発生するだけ。それなのに、日本の多くのメディアやシンクタンク、経済評論家、さらには学識経験者でさえ、欧州の電動化政策をEV化政策と勘違いしている。この現状に対しては最近、トヨタの豊田章男社長からも、同じ主旨の発言があった。

PICKUP[PR]