日本経済新聞 関連サイト

AI現場力

記事一覧

マツダの対話革命「Zoom-Zoom」

ローランド・ベルガー日本法人 代表取締役社長 長島 聡氏

 最近、自動車業界ではマツダが元気だといわれている。かつて経営危機に見舞われ、過去には国内販売5チャネル計画が破綻してブランドが大きく毀損した経験もある。しかし、2012年に発売したSUV(スポーツ多目的車)の主力モデルCX-5が大ヒットし、その後、発表したアテンザ、アクセラ、デミオ、CX-3などの新車の売れ行きも好調だ。これは、世界最高のエンジンの開発に専念すると共に、「乗って楽しい車」を愚直に追求し続けた結果と言える。

共通の価値観のもとで開発進める

マツダ車には熱狂的なファンが多い マツダ車には熱狂的なファンが多い

 これらの一連の新車に対して常に用いられてきたのが、「Zoom-Zoom」というキャッチフレーズだ。「Zoom-Zoom」は、同社によると「子供の時に感じた動くことへの感動を愛し続ける皆様のために、心ときめくドライビング体験を提供する商品造りを目指すマツダブランドを体現したもの」である。日本で「ブーブー」という、クルマの走行音を表す子供言葉を、英語で表した「Zoom-Zoom」に由来する。

 かつてのマツダでは、シャシー、パワートレイン、エクステリア、インテリアなど領域ごとに担当チームが分かれ、全体をまとめるエンジニアはいるものの、それぞれが主体性を持って開発するのが当たり前だった。多くの自動車メーカーも同様な組織体制だが、これではそれぞれの領域ごとの最善に陥りがちで、全体最適を突き詰めることができない。

 しかし、「Zoom-Zoom」という共通の価値観ができた後は、どのチームもそれを念頭に置きながら、その価値に向かったぶれない開発をするようになった。インテリア担当であれば、運転したくなるコックピットのデザインはどうか、シートポジションの合わせやすさ、各種機能の使い勝手をどう生み出すかと考える。エクステリア担当であれば、外から見てマツダ車とわかる際立つデザインは何かを考える。シャシーのエンジニアであれば、ワクワクするステアリングやブレーキの操作感などを考えていく。担当が重なる領域では対話を絶やさない。

 各機能が個別に良いものを目指すなら、その機能の性能や品質をひたすら追求することになるだろう。しかし、乗って楽しい状態、「Zoom-Zoom」を車全体で目指すならば、他の機能との調和や整合性がとれているかと、周囲との関係性にもこれまで以上に目配りしなくてはいけない。自分の担当機能だけで完結できず、他の担当機能と連携しながら開発する必要がある。

 このように、同じ目指す姿を持ち、周囲と対話しながら開発するようになったのが、良い車が次々と出せるようになった一番の原因だと、私は考えている。

 異なる部門の人たちがそれぞれの分野、それぞれのやり方で「Zoom-Zoom」に貢献しようと考える。また、同じ価値を生み出すにも、それぞれの部門がどういった役割分担でその価値を生み出せばいいかを考える。言い換えると、「Zoom-Zoom」を共通言語としたことで、従業員同士の対話が一挙に増大したということだ。

PICKUP[PR]