日本経済新聞 関連サイト

FIN/SUM WEEK 2017 レビュー

記事一覧

仮想通貨による資金調達「ICO」にルール作りを

FIN/SUM WEEK 2017 討論会「仮想通貨戦争 どんな終わり方を迎えるか」より

シラー 具体的にブロックチェーンで相互運用性をどう実現するのか。

マトビーブ ブロックチェーンでいろいろなものがつながり、協業するには標準が不可欠だ。ブロックチェーンはまだPOC(概念実証)の段階だ。ようやく本番に近づいているのは電子マネーなどのデジタル通貨であり、それも決済機能のみだ。仮想通貨の決済でも標準をつくっていく必要がある。

ビットコインやブロックチェーンは世界を変えていく

シラー 最後にメッセージを聞きたい。

加納 ビットコインやブロックチェーンは世界を簡単にし、変えていく。現状は始まったばかりの段階だが、やがて1つ1つ積み重ねていくことで、世の中の仕組みを安価で便利にし、皆を幸福にしてくれると信じている。

沖田 ビットコインなどの仮想通貨はインターネット黎明期に似ている。インターネットも当初はどう使うのかと言われたが、今では電子商取引などで非常に便利な社会を構築している。ビットコインに問題があるのは確かだが、ブロックチェーンはインターネットの仕組みと同様、一般人がその技術的な事柄に気付かなくても使用される社会になっていく。大切なのはブロックチェーンが現在の社会問題をどう解決できるかであり、そうした本質をきちんとみるのが重要だ。

キャサリー ブロックチェーンを使った仮想国家を創造するために、「カルチャー」というスタートアップを起業し、「ユニバーサル・シチズンズID」を発行した。ブロックチェーンの将来に非常に期待している。

サバ フィンテックでリーダーになるためにはイノベーションを続ける必要がある。日本はイノベーションとパートナーシップがあり、規制当局も積極的にアプローチしていく。日本でこれから何が生まれるかワクワクしている。

マトビーブ これからフィンテックやブロックチェーンを使ったサービスやアプリが生まれ、暮らしの問題を解決してくれるはずだ。近い将来、仮想通貨は意識しなくても使う日がやってくると期待している。

会場の様子 会場の様子

(日本経済新聞社 FIN/SUM事務局)

PICKUP[PR]