日本経済新聞 関連サイト

天下人たちのマネジメント術

記事一覧

林彪、規約から消された「幻の後継者」

 権威と権力の一極化を進める中国の習近平・国家主席はこれまでの慣行を崩し、後継者となる次世代リーダーを確定させずに政権2期目をスタートさせた。今後は2022年の共産党大会における自身の3選をにらみながら「ポスト習」を巡る駆け引きが続きそうだ。現代中国の歴史では、1970年代前半に起きた「林彪事件」以降の数年間にも後継者不在の状況が続いたという。林彪・党副主席(1907~71)は毛沢東、鄧小平、今回の習主席の3人と同じように、かつては党規約に自分自身の名前が明記された別格扱いの指導者だった。しかし、事件後に除名処分を受け「幻の後継者」となった。林彪の足跡をたどることで、中国指導者の5年後を占うヒントが得られるかもしれない。

「ケネディ暗殺」に匹敵?ナゾ多い林彪事件

社会主義建設のシンボルとしてつくられた毛沢東主席の兵士、労働者らの像(北京市) 社会主義建設のシンボルとしてつくられた毛沢東主席の兵士、労働者らの像(北京市)

 「林彪事件」は1971年9月、毛沢東暗殺のクーデター計画に失敗した林彪が空路ソ連(当時)への逃亡を図り、モンゴル領内で墜落死したとされる事件だ。69年の第9回共産党大会で、毛沢東の後継者と規約に盛り込まれたばかりだった。後継者の氏名を規約中に記すのは異例中の異例で、中国共産党でも前後このケースしかない。東洋学園大学の朱建栄教授は「林彪事件は46年経過した今日でも全容が解明されてはいない」と指摘する。残されたナゾが多い政治事件としては、同じ20世紀後半の「ケネディ米大統領暗殺」(63年)と並ぶかも知れない。「ケネディ暗殺」は米ダラス市で起きたことは間違いないものの、「オズワルド単独犯説」には今も異論が少なくない。

 林彪もモンゴル草原に墜落した専用機に搭乗していたことは確実だという。しかし林彪は個人崇拝で神格化された毛沢東の「親密な戦友」と称賛され、こちらも絶対無二の地位を独占していた。企業に例えれば次期社長が確実な、代表権を持った唯一の副社長だ。当時77歳の毛沢東からの禅譲を待てずにクーデターを謀ったとする、従来の公式見解を疑問視する声は後を断たない。

PICKUP[PR]