日本経済新聞 関連サイト

FIN/SUM WEEK 2017を10倍楽しもう!

記事一覧

丸の内で躍動する、FIN/SUMブランド

丸の内シャトル、ビジョン、Tシャツに、トートバッグ

 FIN/SUM WEEK(フィンサム・ウイーク)のミッションの1つは、フィンテックの可能性と潜在力を広く国内外に発信することです。そのときに役立つのが、「FIN/SUM」ブランド。赤い丸に白とオレンジの文字をあしらったロゴは、フィンテックが持つ一体性(Inclusion)と情熱(Passion)を表しています。フィンサム・ウィークではこのロゴが東京・丸の内界隈で躍動します。

 大手町・丸の内・有楽町エリアを毎日走る3台の無料巡回バス「丸の内シャトル」。このうちの1台が、みずほフィナンシャルグループと大和証券グループ本社の協力により、9月1日からフィンサム・ウィークのPRカーになっています。

 丸の内・大手町の仲通りでは、9月9日から、イベント開催を知らせるフラッグがはためきます。ロゴとともに「フィンテック、金融を超えたイノベーション」というコピーが目に飛び込んでくるはずです。

 同日からは、三菱UFJフィナンシャル・グループの協力により、大手町・丸の内・有楽町エリアをカバーするハイビジョン映像ネットワーク「丸の内ビジョン」(約100カ所)が毎日数回、フィンサム・ウィークの30秒CMを流します。NEC、日本生命保険、QUICKなどの協力により、イベント当日に活躍するのが参加パス用ネックストラップとTシャツ、トートバッグです。フィンサム・ウィークはビジネスイベントですが、同時にファッションにも明るくありたいという思いがあります。18世紀のイギリスの哲学者・経済学者アダム・スミスの名言をあしらった"哲学Tシャツ"には、ぜひご注目ください。

PICKUP[PR]