日本経済新聞 関連サイト

スペシャル・ビデオ・インタビュー

記事一覧

MITメディアラボ 伊藤穣一所長が語る加速する未来

 人工知能のような技術の急激な発展によって、世界は大きな転換点を迎えています。変化の根底に流れる原理とは何か、新たな世界にどう対応していくべきか――。著書『9プリンシプルズ』(早川書房)によってその全貌を描き出した米マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボの伊藤穣一所長に、「著書『9プリンシプルズ』を出版するきっかけ」「1980年代後半と今との違い」「メディアラボで研究している人工知能について」「日本が勝ち残るために必要なこと」「メディアラボ 6年間の変化」などについてうかがいました。インタビュアーは、日本経済新聞社 編集委員 関口和一。
 ・関連記事『米MITメディアラボの伊藤穣一所長に聞く』(日経電子版)

米マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボ所長 伊藤穣一氏 米マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボ所長 伊藤穣一氏

なぜ著書『9プリンシプルズ』を出版したのか

・著書『9プリンシプルズ』を出版するきっかけ
・著書のコンセプトとタイトルについて
・英語副題 Whiplash むち打ち How to Survive Our Faster Future 加速する未来で勝ち残るために


メディアラボが設立された1980年代と今の違いとは

・「1980年代後半と今との違い」


AIはどう活用していくべきか、どう発展するのか

・「M.I.T MediaLabで研究している人工知能について」
・「どの程度、人工知能が世の中を変えていくか」
・「人工知能は人間の職を奪うだろうか」

加速する未来で日本が勝ち残るためにどうすべきか

・「日本が勝ち残るために必要な事」
・「10番目のプリンシプル 教育より学び」


所長に就任してメディアラボをどう変えたか

・「M.I.T MediaLab 6年間の変化」
・「MediaLab所長に選ばれたいきさつ」

PICKUP[PR]