日本経済新聞 関連サイト

超入門 資本論

記事一覧

自分の売り物持ち「下請け状態」を抜ける

経済入門書作家、経済ジャーナリスト 木暮 太一氏

 ドイツの思想家・経済学者、カール・マルクスが著した『資本論』は、資本主義経済の構造を徹底的に分析しており、20世紀以降の全世界に最も影響を与えました。TVコメンテーターとしても活躍する木暮太一氏は「扱っているテーマは価値・商品・給料・製造・流通など、ぼくらのビジネスに身近なもので、自分の立場に置き換えて考えることができます」と指摘します。最終回は、「③『自分の売り物』を用意しておく」方法を紹介します。

【③「自分の売り物」を用意しておく】

 社会が成熟していくにつれ、労働者の給料は安くなっていきます。

 資本主義が成熟していくにつれ、企業の経営状態が悪くなり、それも労働者を苦しめていきます。そこから抜け出すためには、「雇われ人」から抜け出さなければいけません。それが「フリーランス・マインド」を持て、という話です。

 ですが「使用人から抜け出して、フリーランス・マインドを持って働く」と言っても、それを実現する力がなければいけません。

 では実際に、その「フリーランス・マインド」を持って働くためには、どんなことが必要なのでしょうか?

 そのために必要な要素は、「自分の労働力を高く買ってもらうこと」、そして「命懸けの跳躍リスク」を下げることです。それに必要なのが、「自分の売り物」を用意し、それを売ることに慣れることです。

自分の売り物があれば、「下請け」から抜けられる

 世の中には、誰かから依頼を受け、それをこなしていくスタイルの仕事があります。よく言われる「下請け」です。下請けも大事な仕事ですし、社会に欠かせない仕事です。

 ですが、下請けは自分のやりたいことができない、相手に報酬を決められがち、などいろんな弊害がありますね。企業内で言えば、「上司から言われたことしかやらせてもらえない」「かつ、(言われたことしかやっていないので)評価が低い」という状態です。

 もしこの「下請け状態」から抜け出したければ、考え方を変えなければいけません。考え方を変えて、「自分の売り物を持つ」のです。誰かほかの人に「あなたがやるべきこと&その報酬」を決められるのではなく、自分自身で「自分がやること&その報酬」を決めるのです。それが「自分の売り物」です。

 こう伝えると、自分にしかない完全オリジナルな商品を思い浮かべるかもしれませんね。

 ですが、必ずしも「完全オリジナル」である必要はありません。周りと同じものを売っても構いませんし、それこそ「よくある商品」でも構いません。とにかく、自分で売り物を決めることが大事です。

PICKUP[PR]