日本経済新聞 関連サイト

古川修の次世代自動車技術展望

記事一覧

自動車のIoT化、コネクティッド・カーへの期待

芝浦工業大学 特任教授 古川 修 氏

 自動車の情報化の根幹を支えてきたのは、カーナビ技術の発展である。カーナビの誕生以来、地図データのデジタル化、マップマッチング手法導入、全地球測位システム(GPS)の利用、経路誘導機能の追加、道路交通情報通信システム(VICS)の開始、通信利用型の登場と、機能進化をもたらす技術開発が繰り返されてきた。

 さらに、カーナビは現在、先進運転支援システム(ADAS:Advanced Drive Assist System)や自動運転などの先端技術と融合しながら、高度交通運用管理システム(ITS:Intelligent Transport System)における情報化基盤技術のカー・テレマティクスとして定着し、ドライバーと社会をつなぐ重要な役割を持つようになっている。今回は、カーナビ技術の発展の歴史を振り返りながら、現在のカー・テレマティクスの現状を確認し、今後の進化の方向性について提言する。

カーナビの誕生は1981年、ホンダ車に搭載

 カーナビが世界で初めて実用化されたのは1981年のこと。ホンダが「エレクトロ・ジャイロケータ」という製品を上市した。このシステムは、ガスレートジャイロという自動車の進行方向の変化を高精度で検知するセンサーを持っており、タイヤの回転を積算した走行距離の情報と組み合わせて、マイクロコンピューターで走行軌跡を算出する。それを透明な地図シートを重ねたディスプレーに表示するものだった。

 筆者もこのカーナビのユーザーであったが、便利な点と不便な点が混在していた。確かに知らない土地を走行する場合は、自分がどこを走っているかが地図上で把握できるのはとても便利。しかし、地図シートを走行中に取り換えて、軌跡に合うようにセットするのが面倒であり、またドライバー1人では操作できないという難点があった。

 地図の差し替えの手間を省くことができる、電子地図を用いたカーナビが登場したのは87年。トヨタ自動車の「エレクトロマルチビジョン」という、CDに記録したデジタル地図を利用したもの。そして、88年には日産自動車がマップマッチングの技術を開発実用化、90年にはマツダが三菱電機と共同開発でGPSを利用するカーナビを世界で初めて実用化するなど、カーナビはどんどん進化し、軌跡推定の精度も向上した。

 92年にはトヨタが経路誘導機能を実用化し、96年にはVICSの運用によって、交通情報も取得できるようになった。同じ96年には米ゼネラル・モーターズ(GM)がOn Starという名称で、自動車の事故・盗難などのときに、自動的に救急サービスや警察などへの通信が行われるナビサービスを実用化した。

PICKUP[PR]