日本経済新聞 関連サイト

天下人たちのマネジメント術

記事一覧

「信長スクール」戦国トップの教育

 徳川家康には今川義元の人質だった少年時代、「むごい教育」を受けさせる企てがあったという。「欲しいものを与え、したいことをさせて甘やかす」のがむごい教育。わがまま放題で役立たずの人物に育てるのが狙いだ。戦国時代にあって、隣国の大名が無能なことほど確実な安全保障策はなかっただろう。史実ではなく、実際の家康は今川傘下の優秀な青年武将として成人した。しかし桶狭間の戦いの後、家康がいち早く離反・独立した経過をみると今川家の教育が良かったとも思えない。一方、十代の少年らを近習として教育し、トップ自ら有能な吏僚、軍事指揮官を生み出していったのが織田信長だ。三重大学の藤田達生教授は「いわば『信長スクール』が存在した」と指摘する。

宣教師フロイスがみた岐阜城

「信長スクール」が展開されていた岐阜城(岐阜市) 「信長スクール」が展開されていた岐阜城(岐阜市)

 宣教師のルイス・フロイスは1569年(永禄12年)に、布教の許可を得るため岐阜へ信長を訪問した。その時、岐阜城本丸で目にした光景を「入り口の最初の三つの広間には約百名以上の若い貴人がいたでありましょうか(中略)十二ないしは十七歳であり、下へ使命を届けたりもして信長に奉仕していました」と書き残している。家臣の子息らから抜てきした信長の近習たちだった。このフロイスの記録から「信長は次代を担う若い人材を身近に置いて育成した」と藤田教授は読み解く。

 「信長の親衛隊」(中公新書)の著書、谷口克弘氏は「歴代の信長近習の中でも、この世代はとりわけ優秀だった」と分析している。堀秀政、長谷川秀一、菅屋長頼、万見重元(仙千代)、森成利(蘭丸)らを輩出している。フロイス訪問の前年に上洛した信長には同時・多正面の「天下布武」の戦いが始まっており、人材はいくらでも欲しい状況だ。さらに版図の拡大に従い行政面の施策も増えていった。信長近習の役割も命令の伝達や書状の作成などから使者、訪問客の接待、城下町の造営、茶会や馬揃えなどのイベント設営などへと多様化していった。信長自身の出陣にはもちろん従軍し、遠方への援軍としても派遣された。

信玄が活用した「奥近習システム」

 代表的な1人が堀秀政だ。後世に「天下の政治を任せられる」とまで評価されている。信長の代理として家臣への指示や譴責(けんせき)を伝える一方、キリスト教徒の屋敷地造営、安土の馬場建設、安土宗論(キリスト教と仏教との宗教論争)の設営などを担当した。さらに紀州、摂津、伊賀攻めなどに派遣されている。行政官と軍将校の1人2役で、「天下統一」が見えてきた1570年代後半からは休む暇なく信長に働かされている。近習に戦の経験を積ませるのは信長の方針だったようだ。1582年(天正10年)には堀秀政が秀吉の次の長浜城主、菅谷長頼は前田利家の次の越前府中城主に内定していたという。本能寺の変があったのはその年の6月である。

PICKUP[PR]