日本経済新聞 関連サイト

あなたの人生は「選ばなかったこと」で決まる

記事一覧

「お買い得」の意味を機会費用で説明すると

東京女子大学現代教養学部 教授 竹内健蔵 氏

失ったものは得たものにとって何なのか

 さて、機会費用に関する注意事項はそれとして、彼女と彼氏のストーリーから機会費用がどのようなものであるかが大体おわかりいただけたと思う。機会費用は、定義を書くと難しくて何を言っているのかよくわからないけれども、ありふれた日常生活の場面で出てくるとても単純な考え方なのである。またそれだからこそ、日常生活を機会費用で考えることが重要になる。

 前回述べた彼女と彼氏のストーリーの中だけでも、人間が金銭価値だけで動いているのではないことが明らかになった。金銭ではなく、機会費用によって人間は行動し、機会費用にしたがって喜怒哀楽を感じていることがわかる。つまり、機会費用は社会や人間行動を読み解く鍵となる。

 社会はさまざまな人間行動の結果として作られてきたものだから、一見難しかったり不思議に見えたりする社会現象が、機会費用という考え方を使うと「目からウロコ」のように解き明かせることがある。これからこの機会費用という考え方を使って、複雑で多様で難解な社会現象を解き明かしていくことにしよう。得たものではなく、失ったものによって世の中は解き明かすことができるのである。

竹内 健蔵 著 『あなたの人生は「選ばなかったこと」で決まる』(日本経済新聞出版社、2017年)「はじめに」「第1章 お金だけが費用ですか?」から

竹内健蔵(たけうちけんぞう)

東京女子大学現代教養学部教授。1958年生まれ。一橋大学大学院商学研究科博士後期課程単位修得。オックスフォード大学経済学部大学院修了。博士(商学、一橋大学)。長岡技術科学大学工学部助教授等を経て現職。専門は交通経済学、公共経済学。著書に、『なぜタクシーは動かなくてもメーターが上がるのか』『交通経済学入門』『都市交通ネットワークの経済分析』。

あなたの人生は「選ばなかったこと」で決まる

著者:竹内 健蔵
出版:日本経済新聞出版社
価格:918円(税込)

PICKUP[PR]