日本経済新聞 関連サイト

長島聡の「和ノベーションで行こう!」

記事一覧

情熱ある人同士が化学反応を起こす触媒に

第4回 春田真・エクサインテリジェンス代表取締役会長に聞く

ローランド・ベルガー 日本法人社長 長島 聡氏

春田 会社に入る段階では、ある程度、考え方が固まっていますから、上から「好奇心を持て」と言われても持てるもんじゃない。やはり、小さい頃からの育ち方が影響すると思います。時間はかかるかもしれませんが、教育のあり方から変える必要があるでしょうね。

長島 先ほど、技術で競うつもりはないとおっしゃいましたが、春田さんは技術の勘所をちゃんと押さえていますよね。日本の大手メーカーでは文系出身の社長も多く、技術は下の人の判断になりがちです。

自分への期待を裏切らないで

春田 ベースとして、ネットやAIが好きだということがありますね。それと、わからんことをわからんと言えるかどうか。僕の周りはみんな理系だし、年下の人が多いですが、わからんと率直に言えば、丁寧に教えてくれますよ。

長島 それがなかなかできないんですよね。

春田 細かいことは気にしない。性格が大ざっぱなんで(笑)。だから逆に、大きな方向性は間違えないようにしようとは思っています。

長島 物事の抽象度を高められる人は、いろんなことをつないで考えられると思うんです。大ざっぱと抽象度は似ているかもしれません。

春田 大ざっぱではあるが、肝心なところは強引にでも自分の考えを押し通しますね。「適当にやっといて」で済ませると、絶対にうまくいきません。

長島 今日はいろんなお話しをうかがいましたが、一番よく出てきた言葉は「仕事」と「ビジネス」ですね。

春田 そうですか。まったく仕事人間じゃないんですけどね。基本的に怠惰ですし。昔から「時間給」という言葉が嫌いでした。会社に飼われている気がするんです。だから「時間外手当」というのも、何なんだよと思ってました。でも責任感は強い方だと思います。やらなきゃいけないことはやる。それをやらされ感なくやることが大事ですね。

長島 その心の持ち方はいいですね。

春田 前の会社でよく新入社員に話していたのは、自分自身に対する期待を裏切らないでほしいということ。会社に入り、何年もたつと忙しくて初心を忘れてしまいがち。でもやりたいことはあったはずなんです。そのかわり、無駄な努力はしないでほしい。一生懸命やっているのに方向感がずれていることがあります。それは上司が直してあげないといけない。若いうちの苦労は買ってでもしろ、と言われますが、僕は全くそう思いません。本当に必要な苦労は仕事に付きものだし、それは絶対に自分の役に立つはずです。

長島 ちょうど新入社員が職場に配属される時期で、貴重なアドバイスになったと思います。今日はどうもありがとうございました。

春田 こちらこそありがとうございました。

PICKUP[PR]