日本経済新聞 関連サイト

IoTへの挑戦、成長軌道へ

記事一覧

協力:KDDI

可能性広がるIoT時代 何回でもチャレンジできる

ユビキタス社会を提唱、東京大学教授の坂村健氏に聞く

マイナンバーの秘密性を正確に理解して活用広めよ

 だから、マイナンバーの活用についても、再考してもよいかもしれません。今は非常に限られたポジティブリストで、それ以外には一切使えないことになっています。税金の時以外使っちゃいけないという意見もありますが、人々のためにもっと役立つ可能性がたくさんあるのです。スウェーデンでは、老人がバスに乗ったとき、国民番号カードをピッとかざすと、その人の住所の一番近い停留所でバスが自動的に止まってくれるというサービスが実現しています。フィンランドでは、妊娠、出産すると、黙っていても国民番号が付与され、子供が6歳になると自動的に小学校の入学案内がきて、忙しい両親が大助かりです。

2017年4月にスタートするINIAD(画像提供:東京大学坂村健教授) 2017年4月にスタートするINIAD(画像提供:東京大学坂村健教授)

 日本では人が亡くなるとまた大変。膨大な事務作業が降ってくるため、日常生活や仕事の大きな阻害要因になるといっても、言い過ぎではないでしょう。マイナンバーのポジティブリスト項目がもっと増えれば、確定申告だって完全自動化して送られてくる書類を確認するだけで終わるはずです。すでにそうなっている国はたくさんあります。そういう社会の雑務をマイナンバーが解決してくれれば、人々の生産性が格段に上がるのではないでしょうか。

 マイナンバーの番号は名前と住所と同程度で、普段それを書き込んでいるたくさんの書類で使う程度の秘密性しかないことを、何でもっと強く言わないのかと思います。それがまるでパスワードのように誰かに知られたら大変なことになる番号のようなイメージになってしまいました。マイナンバーカードを使う電子申請が広がれば、生産性はさらにアップするでしょう。ついでに言えば、ハンコが偽装される紙書類のほうがよっぽど危険です。

――最後に、「日経BizGate」の中核読者である40~50代のビジネスマンは、今後このIoT時代をどう生き抜いていけばよいでしょうか。

坂村 IoT時代になると、一気にイノベーションの可能性が広がります。IoT時代はソフトの力で現実を自由に制御できる時代です。アイデアとちょっとしたプログラミング能力さえあれば、文字通り「世界を変えられる」ようになります。オープンなネットワークであるインターネットの出現でグーグルとかフェイスブックとかが生まれたときのような可能性の爆発が、オープンな「モノのネットワーク」で現実世界を舞台にして起こります。まだ手遅れじゃないので、このチャンスにチャレンジしてほしい。まだ、40~50代だったら、間に合います。50代の人に特に言いたいのは、もう失うものはないのだから、今やらなきゃ、いつやるのか考えてほしい。40~50代は戦いの先頭に立つべきなのです。

 IoTの時代とかネットの時代のいいところは、何回でもやり直せることです。フェイスブックでもツイッターでも、ポケモンにしても、ソフトでしょ。ソフトのいいところは、ダメだったらまたチャレンジできること。重工業じゃないから、早いんですよ。ネットで世界につながっているので、あきらめずに挑戦してほしい。日本でうけないなら、世界に出なさい。それで成功している人はたくさんいます。

 発展途上国にもビジネスチャンスが山のようにあります。インドが完全キャッシュレスを国策でやろうとしているように、そういうしがらみがない国のほうがICTの取り込みは早いかもしれない。少子高齢化で日本はマーケットが小さくなる中、今こそ世界に出て、戦うべきです。特に40~50代は経験があって、20代と違ってこれから勉強するわけじゃない。昔やったことが先進国ではダメでも発展途上国では今でも必要とされている場合も多い。自分に自信があるなら、最後のチャンスは日本じゃないところでやったらいかがでしょう。大会社がうまくできなかったことを小さなベンチャー企業がやって成功しているじゃないですか。かえってしがらみがない場にいたほうが、IoTが生む可能性に乗れるかもしれません。

 昔だったら、「今さら、家電メーカー作ってどうするんだ」と言われたかもしれないけど、バルミューダは成功しました。クラウドファンディング、クラウドソーシング、3Dプリンターを活用することで、新しいデバイスも簡単に作れる時代です。これは1つのチャンスですよ。これまで、大きな会社にいた人はいろんな人たちとチームを組んでやってきて、人との組み方もわかっているのだろうから、新しいところで新しい目標とともにやったら、いけるんじゃないですかね。ぜひ、チャレンジしてください。IoTはそういう人たちの味方になります。

PICKUP[PR]