日本経済新聞 関連サイト

「一流」の仕事

記事一覧

お金を追うな、仕事を追え

経営コンサルタント 小宮一慶 氏

 ここで、改めて、良い仕事とは何かを考えてみます。

「良い仕事」とはお客さまに喜んでもらえること

 良い仕事とは、お客さまや周りの人に喜んでもらえることと、工夫です。お客さまや周りの人に喜んでいただけるような仕事をするとともに、工夫して、それをより速く、より多くやることです。さらに、工夫により、仕事の質を高め、お客さまや周りの人に喜んでもらうのです。

 私は、これが良い仕事の定義であると考えています。このことに集中して仕事をやり続けることによって、働く喜びも得られ、売上や利益もあとからついてくるのです。

 経営者の中には、「ボーナスを得るために目標の数字を達成しよう」というように、売上や利益、ひいては自分のお金のために仕事をさせている人がいます。しかし、それは、残念ながら、本当の仕事の喜びを知らない人のやることです。このような感覚で仕事を部下にさせている会社は、「金の切れ目が縁の切れ目」となります。

 もちろん、私はボーナスを出すなとか、安い給与で働かせろと言っているのではありません。むしろ逆です。ただし、良い仕事をして、社会に評価され、その結果、稼ぐという考え方を持たなければならないのです。そして、その方が稼げるのです。

 私の人生の師匠である故・藤本幸邦老師(曹洞宗・円福寺)がよくおっしゃっていたのが、「お金を追うな、仕事を追え」ということです。お金を追いかけているうちは一流にはなれません。ただ、お金を稼げないというのもまた一流ではありません。「良い仕事をして、その結果、お金を稼ぐ」という気持ちを持つことが大切です。もっと言えば、お金を稼げるくらいの良い仕事をしなければならないのです。

 良い仕事を通じて周りの人やお客さまに喜んでいただき、さらにそれをもっと工夫して、多くの人に喜んでいただく。そうすれば、仕事は間違いなく楽しくなります。それが仕事に対する正しい考え方だと私は思います。

 このような話をすると、よく次のような質問をいただきます。

 「そうは言っても、会社は『売上を上げろ』『利益を出せ』と、数字のことばかり言ってきます。私は下っ端ですし、いったいどうしたらいいのですか?」

 どうしたらいいか? その答えは簡単です。

 あなた自身が良い仕事をやればいいのです。

 会社や上司が数字ばかりを追っていても、あなた自身は正しい考え方を持って、良い仕事をすることができますよね。あなたが、まずやって、周りを変えればいいのです。

PICKUP[PR]