日本経済新聞 関連サイト

激化する採用戦線 中小企業の戦い方

記事一覧

どうする内定辞退 間違った手法をしていませんか

採用コンサルタント 谷出正直氏

 採用したい学生に、説明会や選考で自社を知ってもらえた企業にとって、「内定」を出すことはゴールではありません。これまでの連載で伝えてきたように、「入社」が、そして、その先にある「定着」し、「活躍」することが、採用における最終ゴールになります。

 学生がほしい「内定」、一方、採用担当者には、その後あるかもしれない「内定辞退」の恐怖へのステップともなります。採用人数が限られている中小企業にとっては、特に恐ろしいことでしょう。自社と学生のミスマッチを防ぎ、学生に決断を促す方法、親の承認を得る方法とは。このことについて、最終回となる今回、お話したいと思います。

学生との接触時からが重要

 内定辞退を防止するためには、最終選考や内定を出す前の取り組みだけに焦点が当たりがちですが、大前提として、説明会から始まる学生との出会いやその後の選考そのものが重要になります。


 説明会や選考は、2つの要素から成り立っています。「企業が学生を選ぶ」=「選抜」と、「企業が学生に情報提供を行い、理解する」=「志望動機形成」です。学生が内定を承諾するのは、しっかりと「志望動機形成」ができた状態が前提になります。

 つまり選考を通じて、企業や事業、仕事内容、社員、社風、制度などを理解してもらうこと、納得してもらうことが大切です。そのうえで、最終面接や内定を出す中で、さらに、理解度、納得度を高めることが重要になります。

PICKUP[PR]