日本経済新聞 関連サイト

マネジメントインタビュー

記事一覧

人手不足だからこそ、クラウド活用による「増力化と省力化」を

ノークリサーチ 岩上由高氏

<b>岩上由高氏(いわかみ ゆたか)<br>ノークリサーチ シニアアナリスト</b><br> 早稲田大学大学院理工学研究科数理科学専攻卒業後、ジャストシステム、ソニーグローバルソリューションズ、ベンチャー企業数社にて、ユーザー企業に対するIT活用提案の経験を積む。ノークリサーチではこうした経験を活かしたリサーチ/コンサル/講演//執筆活動などを担当。

岩上由高氏(いわかみ ゆたか)
ノークリサーチ シニアアナリスト

 早稲田大学大学院理工学研究科数理科学専攻卒業後、ジャストシステム、ソニーグローバルソリューションズ、ベンチャー企業数社にて、ユーザー企業に対するIT活用提案の経験を積む。ノークリサーチではこうした経験を活かしたリサーチ/コンサル/講演//執筆活動などを担当。

 「御社が直面している課題は?」――。今、中小企業の経営者にこう質問すると、おそらく同じ答えが返ってくるだろう。「人材不足だ。特に即戦力になる人材、さまざまな業務の中核を担える人材が圧倒的に不足している」と。

 人材不足が原因で売り上げを失ってしまうような事態は避けなくてはならないが、日本全体で人手不足なのだから短期的な解決は難しい。であるならば、別の方法で「増力化(社員の仕事力の向上)」や「省力化(業務の効率化)」を図る必要がある。

 その有効な手段となるのはクラウドサービス(ここでは業務アプリをネット経由で利用するサービスを指す)だ。ただし、大企業ではクラウドサービスの活用が進み、成果を上げているのに、なぜか中小企業では普及が遅れている。

 こうした事情を踏まえつつ、中小企業にメリットのあるクラウドサービスの利用方法について、中堅・中小市場を中心としたIT活用のリサーチ/コンサルティング企業であるノークリサーチのシニアアナリスト、岩上由高氏に聞いた。

クラウド化によって常にコスト削減が実現できるとは限らない

 クラウドサービスのメリットは、自社でサーバーや業務アプリを購入せずとも、月々低額で業務アプリの機能を利用できることだ。一般に、社内の業務システム(サーバーや業務アプリ)をクラウドサービスに切り替えればコスト削減になると言われている。

 しかし、岩上氏は「中小企業に限りませんが既存の業務システムを単純にクラウドサービスに置き換えることで、コスト削減をはじめとする様々な効果が得られるとは限りません」と注意を促した。

 失敗要因の1つは、クラウド化に対するコスト削減の過度な期待だという(クラウドが登場した当初は「クラウドにすれば安くなる」という宣伝も少なくなかった)。既存のシステムで稼働している業務アプリをクラウドサービスに置き換えるには、クラウドサービスの内容を精査して環境を整えたり、社内にある業務データをクラウド上に移したりする必要がある。もちろん、万が一に備えたデータのバックアップも、従来とは違う形で用意しなければならない。さらにセキュリティーやほかの社内システムとの連携、ユーザーインターフェース(操作画面)の変更に伴う従業員の教育など、検討すべき課題は多い。

 「移行費用の見通しが甘かったり、従業員が新しい操作性になじめなかったりするなど、導入/運用の初期段階になってから課題が明らかになるケースが少なくありません。クラウドへ移行することによって、アプリケーション、業務フロー、管理/運用の手順といった何らかの変化は生じます。クラウドへの移行は『今までの業務フローを変えずにコストを手軽に削減できる』ものではなく、あくまで『システムや業務をより良いものに変えるための取り組み(チャレンジ)』であるという認識を持っておくことが大切です」(岩上氏)。

PICKUP[PR]