日本経済新聞 関連サイト

ICTで築く明日の社会

記事一覧

協力:NTTドコモ

衛星情報で魚の居場所へ一直線!

北海道大学教授・北極域研究センター長 齊藤 誠一氏

 行きたい場所を設定したら、画面を見ながら目的地まで一直線――。人や車の話ではない。漁業の現場でも同様のことが実現しつつある。行きたい場所とはもちろん、魚がたくさん獲れる場所だ。国際的な漁獲規制や担い手不足で、日本の漁業生産量は1980年代以降、減少傾向が続く。ICTを活用したスマート漁業が活性化の切り札となるか。海洋資源計測学の第一人者で、北海道大学北極域研究センター長の齊藤誠一教授に聞いた。

6種類の魚の居場所を予測

 「この色が着いた部分が、魚が獲れそうな場所です。5日先までのシミュレーションもできますよ」。パソコンのマウスを操作すると、東北から関東にかけての沖合いの地図と重ね合わせた画面の色合いが微妙に変わった。齊藤氏らが中心となって開発した水産海洋情報サービス「トレダス(TOREDAS:Traceable and Operational Resources and Environment Data Acquisition System)」の受信画面だ。

齊藤 誠一(さいとう せいいち)<br>

北海道大学大学院水産科学院教授・北極域研究センター長。<br>

1981年北海道大学大学院水産学科研究科漁業学専攻博士課程単位取得の上退学、日本IBM東京サイエンティフィックセンター客員研究員。1984年日本気象協会研究所研究員。1993年北大水産学部助教授、2000年北大大学院教授。2006年有限責任事業組合スペースフィッシュ代表。2012年グリーン&ライフ・イノベーション技術顧問。2015年から現職。 齊藤 誠一(さいとう せいいち)
北海道大学大学院水産科学院教授・北極域研究センター長。
1981年北海道大学大学院水産学科研究科漁業学専攻博士課程単位取得の上退学、日本IBM東京サイエンティフィックセンター客員研究員。1984年日本気象協会研究所研究員。1993年北大水産学部助教授、2000年北大大学院教授。2006年有限責任事業組合スペースフィッシュ代表。2012年グリーン&ライフ・イノベーション技術顧問。2015年から現職。

 トレダスとは「トレーサビリティ(追跡可能性)機能をもつ海洋の資源と環境に関するオペレーショナルなデータ収集システム」の英文略語と、「魚が獲れ出す」をかけた造語。衛星受信処理、衛星プロダクト解析、データベース管理、インターネットGIS(地理情報システム)、漁船端末GISの5つのサブシステムからなる。

 魚は適度なえさ(プランクトン)の量、好みの温度、緩やかな潮の流れ、といった条件がそろう場所に集まりやすい。トレダスでは人工衛星によるリモートセンシング(遠隔探査)技術を使い、主に海の色やクロロフィル濃度から植物プランクトンの量を、海面からの熱放射から海水温を、海面の凹凸から潮の流れなどを、それぞれ計測する。

 これらの情報を組み合わせて魚がいそうな場所を推定し、衛星などの無線通信網を通じて漁船に情報を伝える。現在、魚群を推定しているのはスルメイカ、サンマ、ビンナガマグロ、カツオ、アカイカ、ブリの6種類だ。

 漁場を予測する情報サービスは他にもあるが、トレダスの特長はほぼリアルタイムの情報を使って予測できることだという。米航空宇宙局(NASA)の人工衛星「テラ」と「アクア」からの観測データを北大水産科学研究院(北海道函館市)のアンテナで受信し、解析する。「使っている漁師さんからは、海水温の分布がフィラメント状に細かく見える点が評価されている」(齊藤氏)。現在、トレダスを利用している漁船は全国で約20隻。北海道から鹿児島まで広範囲に及び、多いのは三重と静岡に拠点を置くカツオ漁船だという。

PICKUP[PR]