日本経済新聞 関連サイト

東南アジアビジネス新潮流

記事一覧

ベトナム、消費拡大で「食の安全」に商機

日本貿易振興機構(JETRO)海外調査部アジア大洋州課 課長代理 小林 恵介氏

 ベトナムはここ数年、5~6%台の堅実な経済成長を続け、人口も約9000万人と多く、消費市場の拡大に期待が集まる。中でも食品市場では近年、高付加価値商品や安心・安全への関心が急速に高まっており、資金やノウハウを持つ日系企業にとって、大きなビジネスチャンスが望めそうだ。

ハノイとホーチミンは引き続き注目の市場

 ベトナムは南北に長い地形で、その点は日本と似ている。首都ハノイ市は北部に位置し、南部に位置する商業都市ホーチミン市までは直線距離で約1,700km、飛行機でも両都市間の移動は約2時間かかる。ベトナムの主要経済圏はこのハノイとホーチミン市の2都市を中心とした南北の2地域に分かれている。気候も南北で差異が大きく、北部は亜熱帯性気候で四季があり、南部は熱帯気候に属し一年を通じ常夏で雨季と乾季がある。

 気候と風土の違いから南部と北部の人の気質も違うとされる。大雑把に言えば、北部の人は「堅実」、南部の人は「おおらか」といわれている。経済面では、国内総生産(GDP)が2,000億ドル弱で、日本の20分の1程度。都道府県で例えるなら、埼玉県の約20兆円と同じくらいの規模だが、毎年5~6%の経済成長を続けているのが魅力だ。

図表1 ベトナムの概況 出所:国際通貨基金(IMF)、国連、ベトナム政府ウェブサイト等より筆者作成。 出所:国際通貨基金(IMF)、国連、ベトナム政府ウェブサイト等より筆者作成。

 これまでベトナムは日本企業にとって、生産拠点として注目を集めることが多かったが、近年は順調な経済成長により国民所得も上がっており、市場としての魅力が語られることが増えた。

この記事は会員限定コンテンツです。
続きを読むには、日経BizGateに会員登録(無料)してください。

最初に日経IDを取得し、その後日経BizGateに利用登録します。
おすすめ記事やキャンペーンをお知らせするメールマガジンもご利用ください。

すでに登録済みの方はログインしてください。

今すぐ登録 ログイン

PICKUP[PR]